スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二極

ステ振りのひとつに、『二極』というものがあります。
6種のうち2箇所に集中させることで特化させたタイプのことです。
近接職の多くは攻防のバランスを取る為にS・A/V・D・Iにバランス良く
振るケースが多いように感じますが、後衛では完全な二極があります。
接敵を許さない為にA/Vの防御ステを削る場合や、攻撃力が持久力・命中力を
兼ねる場合です。(魔職のINTや弓職のDEX)


ここでひとつ疑問。
魔法職でありながら攻撃せず、
補助職でありながらステに左右されにくく
前衛職でないにも関わらず防御を(ある程度)重視する場合は何を優先すべきか。


いわゆるDV教授の話です^^
物理魔法問わず攻撃はしません(出来ないとも)。
アコ系統のINTはSP確保が主目的かと思いますが、SP問題からも開放されています。
防御力はある程度必要ですが、前衛役・Gv以外ではホドホドで問題なし。
色々と型破りな子です。

他の二極例を考えてみると、
MEプリ(ID二極)wiz(ID二極)FCASセージ(AI二極)
INT完成させSP確保・威力確保の後サブステに振る。
完全支援プリ(IV二極)
INT完成させSP確保の後サブステに振る。
VITは若干でも効果がある為、序中盤に10~20程度振ることもある?
攻撃速度特化ハンタ(AD二極)
当たるDEX確保しAGI完成。その後DEX完成

概ね能力を生かす箇所を最優先で完成し、自立後の余生をサブステに
注ぎ込む流れのようです。
最短で駆け抜けても1ステカンストが65歳。
年金貰って余生をシュミに注ぎ込む頃合いですし、うまく出来てますwwww

教授の目玉はソウルチェンジです。
長キャスト長ディレイ(キャスト3秒ディレイ5秒)。
チェンジ後に連打する生命力変換はノーキャストの長ディレイ。
(1:1.0秒、2:1.2秒、3:1.4秒、4:1.6秒、5:1.8秒)
詠唱短縮が(PTの)テンポアップに繋がるためDEX優先が一般的なようです。
途中でDEXを止めた場合を比較してみると、

80 D99 V65 7240 ウルタイ・マタ
80 D91 V76 7714 ウルタイ・マタ(MHP+466)

90 D99 V87 10164 ウルタイ・マタ
90 D91 V95 10591 ウルタイ・マタ(MHP+427)
90 D99 V87 10857 ウルタイ・マタ・QV武器
差が400ちょいとか誤差\(~o~)/
変換効率は最大で20違いますがやっぱ誤差。
QV武器持った瞬間に反転するほどです。
DEX某振りカンスト→VITの96完成かな、かな?
耐性の為のVIT100は95 D99 V96+4(job63↑)で完成。
装備含めればもう少し早く完成しそうです。
99 S01+6 D99 V96+4 MHP10793
99 S01+6 D99 V96+4 MHP12760 ウルタイ・マタ(積載2430)
99 S33+6 D99 V96+4 MHP12505 ウルタイ・マタ(積載3390)
99 S25+6 D99 V99+4 MHP12951 ウルタイ・マタ(積載3150)
DV以外のステとしてはS,Iが一般的なようです。
低Lv時のIとMATK確保のIは手としてありそうですが、
DカンストV100にした時点で振れるのは20強。
20~30のINTじゃ、あっても雀の涙でしょう。
積載量増加による持久力向上を見込めば、STRが24上昇で
所持量加算720、白P換算で48個、青Pで240個余分に積めます!
所持量が960違うと、白P64個、青Pで320個余分に。(S+33)

やっぱSTR優勢かなー。
INTかの二択になりそうですけど、今後のパッチ次第ですかねー
スポンサーサイト

テーマ : ラグナロクオンライン
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。